ライフスタイル

緊張しない方法は場数を踏むに限る!本番に強くなる思考を覚えよう

アイキャッチ

緊張してしまう原因は、あなたの思考や性格が原因です。
思考や性格を意識して、場数を踏むことが緊張しない方法ですよ。

緊張した際の対処方法や緊張してしまう人の特徴を紹介しています。
ぜひ場数を踏む為にも対処方法や原因を知ってくださいね。

緊張する方必見!緊張が和らぐ方法を紹介します!

この記事を読んでいる方は、恐らく緊張を克服したいと考えていると思います。
ですが緊張を克服するには、場数を踏むしかありません。

ユイ
ユイ
確かに経験を重ねると、緊張する場面も慣れてしまいますね。
アオイ
アオイ
緊張を対策する方法は場数を踏むことに限るからね。
どれだけ緊張と向き合えるかが大切だよ。

結論からいってしまうと、緊張をしない人の共通点は緊張から逃げなかったという点です。あなたが緊張を克服したいと考えている場合は、緊張から逃げないことが大切ですよ。

そこで今回は、緊張を和らげる方法を紹介していきます。
緊張を和らげる方法を覚えると、緊張する場面とも逃げずに向き合うことができますよ。

声を大きく出して自信をつけよう

緊張をしてしまうと、気持ちも弱気になってしまい声が小さくなります。
声が小さくなると声が震える次に体が震えてきますよ。

ユイ
ユイ
声が小さくるなと悪循環が起きるんですね。
アオイ
アオイ
体が震えると、周りの視線も気になって余計に緊張してしまうからね。
声を大きく出すことはとても大切だよ。

声を大きく出すと喉の筋肉に力が入るので、スムーズに声を出すこともできます。

また声を大きく出すと明るく元気な印象を与えることができます。
相手からも良く映るので自信もついてきますよ。

緊張して声や体が震えるという方は、声を大きく出すことを意識して下さいね。

緊張していることを伝えてしまう

緊張の対処方法は、開き直ることが大切といいますよね。
緊張は隠そうとすると、さらに緊張してしまいますよ。

緊張している際は相手に隠さずに伝えてしまうことも一つの方法です

ユイ
ユイ
緊張を伝えるのは、少し恥ずかしい気がします。
アオイ
アオイ
それは自意識が強すぎるよ。
寧ろ緊張を伝えることにはメリットがあるんだよ。

人間の信頼関係を築く上で大切なことは、相手に弱い自分見せることができるかです。
「緊張している」という弱い所を見せることで一気に信頼を勝ち取ることができますよ。

自分を追い込まずに、相手に弱い所を見せてみて下さいね。

ゆっくりとした言動を意識する

緊張する場面に直面すると、早くその場から離れたいということもあり、動作や話すスピードが早くなってしまいます。
そのため緊張している時こそゆっくりとした言動を意識することは大切ですよ。

ユイ
ユイ
ゆっくりとしていると落ち着いているようにも見えますね。
アオイ
アオイ
ゆっくりとした動作は、相手に良い印象を与える効果もあるからね。

あなたもキビキビしている人間よりも、動作がゆったりとしている方の方が話しかけやすいと感じますよね。
ゆっくりとした言動にはメリットがとても多いです。

失敗も防ぐことができるので、ぜひ緊張している時はゆっくりとした言動を意識して下さいね。

意識の改善も大切です!緊張する人の特徴を紹介!

緊張する人には幾つか特徴があります。
特徴を理解し改善することで緊張しなくなることもありますよ。

ぜひ自分に当てはまっていないか確認してみて下さいね。

割切ることができない

緊張することが多い方は、割り切ってしまうことも大切です。
「失敗したらどうしよう」と考えるのではなく「失敗してもいいや」と割り切ってしまいましょう。

ユイ
ユイ
確かに緊張してしまう方は、完璧主義な人が多ですね。
アオイ
アオイ
完璧主義な人は、自分を必要以上に追い込んでしまうところがあるからね。

仕事となると周りからのプレッシャーもあると思います。
だからこそ自分だけでもいいので、自分自身に優しくなることは大切ですよ。

自意識が強すぎる

人から良く思われたいという考えが強すぎると当然緊張してしまいます。

人から良く思われようとすることは大切です。
ですが人から良く思われたいと考え、素の自分を出さないことは非常に勿体ことですよ。

ユイ
ユイ
本当の自分を出せなくなってしまうのは、勿体ないですね。
アオイ
アオイ
自分を偽っても、嫌われる時があるからね。

どれだけ良く思われようと振る舞っても、嫌われてしまうことや評価が落ちてしまうことはありますよ。
良い人を演じて嫌われることほど勿体ないことはありませんよ。

人から評価される状況直面した時ほど、他人の目は気にせず自分らしさを出すようにして下さいね。

ネガティブすぎる

ネガティブな考えを持ってしまうと、自分を追い込んでしまうことになりますよね。
実は筆者も相当なネガティブ思考です。

ネガティブ思考なこともあり緊張は勿論、行動力もない方だと思います。
だからといってネガティブ思考を直したいと思ったことはありません。

なぜかというと、ネガティブ思考な自分が「自分でも出来るかも知れない!」と思った考えは大切にしたいと考えているからです。
ネガティブ思考で困っているという方は、ここぞという時は自分自身を信じることがおすすめです。

最悪の状況を考えているからこそ、いざ失敗した時は対処できると自分自身を信じてみて下さいね。

まとめ

緊張してしまうという方は、場数を踏むことがとにかく重要です。

ユイ
ユイ
場数を踏むためにも、失敗を恐れずに行動したいですね。
アオイ
アオイ
そうだね。
自分を追い込まず、割り切ることが大切だね。吹き出しの内容

緊張してしまう原因は、必ず自分の思考にあります。
緊張してしまった時は、ぜひ思考を変えて立ち振る舞ってみて下さいね。